生まれつき永久歯がなく、歯並びにすき間がある方

◆ ちょっとアドバイス! ◆

乳歯がずっと使えればいいのですが、歯の根が短く通常グラグラしてきてしまいます。

前歯の骨は薄く、特に乳歯のところでは骨の成長も少なく歯肉のボリュームもないのでインプラントがむずかしく、注意が必要です。

最終的にふっくらとしたバランスの良い歯肉にするために、歯肉の部分に組織を移植(結合組織移植)することがあります。

この症例でも、右側(乳歯が残っている側)の歯肉が足りないので結合組織の移植をおこなっています。

歯肉の形態もきれいで自分の歯のようです。

症例1     生まれつき上の前歯がない患者さん

生まれつき両側の上顎側切歯(2番)がない20代女性の患者さんです。

矯正治療後、インプラント治療を行いました。

 
術前の状態です。右は乳歯が残っています。 インプラントを埋入しました。
 
右上の乳歯を抜歯しました。 インプラント上部を装着しました。
自然な仕上がりで、インプラントとはわかりません。

ページトップへ


Copyright(c) Tsukahara Dental Clinic All Rights Reserved