入れ歯で悩んでいる方

◆ ちょっとアドバイス! ◆

高齢で骨移植など侵襲の大きな処置はできないため、ショートサイズのインプラントを使用しました。
その結果、入れ歯のガタつきもなくなり、残っている自分の歯の負担も少なくなりました。

何でも美味しくいただけると患者さんも非常に喜んで使っていただいています。

見た目もお口の中になじんでおり、入れ歯が目立ちません。

症例1     入れ歯のサポートにインプラントを使用した患者さん

右下の前歯(入れ歯の支えになっている歯)に痛みがあり、折れるのではないかと心配され来院された70代女性の患者さんです。

初診時、入れ歯をはずした状態です。 新しい入れ歯を入れた状態です。
    顎堤(あごの土手の部分)が細く、通常のインプラントが適さないため、細いインプラントを入れました。

 

 

 
   

 

 

 
    新しい入れ歯です。
歯に引っかける金具がないので
入れ歯であることが目立ちません!
症例2     入れ歯が合わずに悩んでいた患者さん

上下の入れ歯が合わずに、悩んでいた60代の男性の患者さんです。

    治療前に比べ、健康的な口腔内になりました。
食事もスポーツも楽しまれ、元気に過ごされています。
    上顎は入れ歯で治療しました。
    下顎はインプラントで治療しました。

この方のように上と下とで違う治療を行うこともできます。

患者さんのお口の中の状態やお気持ちをうかがいながら、それぞれの患者さんにあった治療法を考えていきます。


ページトップへ


Copyright(c) Tsukahara Dental Clinic All Rights Reserved