インプラント治療の流れ

治療の流れ

  1. 予約
    お電話にて、初診の診療予約をしていただきます。

  2. カウンセリング
    まず、安全でスムーズな診療を行うために、初診時に患者さんの症状、健康状態についておうかがいします。
    患者さんのお悩み、ご要望についてカウンセリングを行います。

  3. 検査
    口腔内診査、レントゲン検査、CT検査、歯周病の検査、かみ合わせの検査模型作成、生活習慣のチェックなどを行い、患者さんの現在の口腔内状態を把握、分析します。

  4. 問題点のリストアップと提示
    検査結果を報告し、口腔内カメラなどを使用して、リストアップされた問題点について、詳しく説明します。
    インプラント治療の前に必要な治療がある場合には、お話し、患者さんのご要望を考慮しながら、治療方針を検討していきます。

  5. 治療計画の立案
    失われた歯の数、場所、インプラントを埋め込む骨の状態などにより、さまざまな選択肢があります。歯にかかる力や強さや方向だけでなく、患者さんに無理のない衛生管理などを含め、綿密に検討した上で治療方針を立てていきます。検討した治療方針について、患者さんとディスカッションし、治療計画を決定していきます。

  6. インプラント治療についての説明
    インプラントの前治療が終了したら、いよいよインプラント治療です。
    インプラント手術について(手術方法、設計、術後に起こりうることなど)説明し、手術前の注意事項をお話します。喫煙されているかたは、手術2週間前から禁煙していただきます。

  7. インプラント埋入(1次手術)
    インプラント専用手術室にて、インプラント手術を行います。
    歯肉を開き、顎の骨に、インプラントと同じ大きさの穴を形成します。
    しっかりと固定するように、顎の骨にインプラントを埋め込み、歯肉を閉じます。
    手術終了後、術後の注意事項などを説明し、次回の予約をとります。
  8. 術後の消毒、抜糸
    約1週間後に来院していただき、術後の経過をみます。緩んでいる糸から抜糸を開始し、約2週間で抜糸が終了します。

  9. 治癒期間
    インプラントを埋入した後、インプラントと骨の結合(オッセオインテグレーション)が得られるのを待ちます。通常3ヶ月~6ヶ月で、この期間中は仮の義歯を使用することができます。

  10. アバットメント装着(2次手術)
    インプラントの安静期間が過ぎて、骨と生着したことが確認されたら、2次手術と呼ばれる歯肉の整形手術が行われます。 
    歯肉を開いて、人工の歯を取り付けるための部品(アバットメント)を連結し、歯肉からこれを露出させ、歯肉の形を整えます。
    インプラントに装着する人工歯がスムーズな外形をもって歯肉から萌出しているようにみせるための処置です。
  11. 治癒期間
    お口の中の型をとり、あなたにあった仮歯を作製します。仮歯で噛み合わせを調整し、この状態で歯肉が治るまで1~6週間ほど待ちます。

  12. 人工歯の作製・装着
    歯肉の形態が整った時点で型をとり、色や形を患者さんに合わせて作製します。天然歯と見分けがつかない人工歯をインプラントに装着します。


  13. メインテナンスと定期検診
    他の歯と同様に、口腔内を衛生的に保つことが重要です。適切なブラッシング方法を指導し、練習をします。
    3ヶ月~6ヶ月程度に1回の定期検診を行い、インプラントや人工歯、噛み合わせを確認します。

* 今回、紹介した治療法は、2回の手術を必要とする“2回法”という方法ですが、1回の手術だけの“1回法”やさらに数時間から数日で人工の歯を装着する“即時負荷”などの治療法も開発されています。
いずれの治療法も全ての患者さん、全ての治療箇所にできるわけではなく、それぞれの患者さんの口腔内環境を把握し、綿密な治療計画が必要となります。
インプラント治療は、より良い治療結果を達成するため、また患者さんに負担の少ない治療法を提供するために、日々研究が重ねられ、進化しています。

ページトップへ

前後の注意事項

手術前の注意事項

  1. 前日は、きちんと睡眠をとり、体調を整えてください。
  2. 体を締め付けるようなものはさけ、楽な服装でいらしてください。
  3. 普段通り、口腔内を清潔にしておいてください。
  4. 口紅、マニキュアは落としておいて下さい。
  5. 喫煙をされる方は、術前2週間前から、禁煙をしてください。
  6. 万が一、体調が優れない場合は、無理をせず、ご連絡ください。

手術後の注意事項

  1. 手術当日は、強いうがいをしないでください。
  2. 翌日くらいまで、唾液に血が混ざることがあります。
    出血は血圧が上がることにより、おこりますので、体を安静にし、しばらく休んでください。それでも、流れるような出血がある場合には、ご連絡ください。
  3. 食事は麻酔がきれてから、軟らかいものを食べてください。できるだけ、手術しなかった側で噛むようにしてください。
    熱いもの、刺激物は粘膜に刺激になりますので、避けてください。
  4. 術後2~3日をピークに腫れが出ることがあります。気になる場合は、冷湿布を貼る程度にしてください。氷などで冷やしますと、かえって腫れが引きにくくなり、治癒が遅くなりますので、避けてください。
  5. 内出血斑(青紫色のあざ)がでることがありますが、時間とともに茶色くなり、黄色くなって吸収していきますので、ご心配いりません。気になる場合はマスクをご用意しておりますので、外出時等に使用してください。
  6. 術後の感染予防のために、抗生物質をお出ししますので、7日間は、指示通りに服用してください。また、必要に応じて腫れ止めのお薬を処方することがあります。痛みが出た場合には、鎮痛剤を服用してください。いずれも、空腹時は避け、食後に服用してください。
  7. 手術当日は、あまり長湯(血圧が上がり、出血の原因となるため)はせず、シャワー程度にしてください。
  8. 2~3日は激しい運動等は避け、できるだけ安静してください。
  9. 食後には、処方した生理食塩水でうがいをしてください。
  10. 手術した部位を指や舌で触ったりしないでください。術後2週間は禁煙してください。

ページトップへ

手術後の大事なこと

1. 仮歯

インプラントの手術後に入れる仮歯は、ただ単に最終的な歯が入るまで審美性を保つためのものではありません。
手術後の周囲軟組織(歯肉)の治癒や安定化を図り、上部構造の周囲の軟組織を予定する形態に誘導することにより、隣り合った歯や歯肉とのバランスを整え、より健康で審美的な歯肉をつくります。
歯の形態を検討し調整していくことにより、審美的な歯の形態を作ります。
仮歯を日常で使いながら、咬み合せや顎の位置の微調整を行い、機能的な咬み合せを作ります。

仮歯

2. 咬み合わせの調整

インプラントと天然歯な違いは、歯根膜という組織の有無です。
歯根膜は歯と歯槽骨の間にある線維組織でクッションのような役割をします。
つまり、天然歯は歯根膜があるため、噛むと動きますが、インプラントはほとんど動きません。したがって、(前述のインプラントの臨床的意義でも触れたように)インプラントと天然歯がある場合、どちらも同じように咬み合せを調整してしまうと、患者さんが強い力で噛み締めた時、インプラントのみに過重負担がかかり、骨の吸収や上部構造の破損、対合歯(インプラントと咬み合わさる歯)のトラブルなどをまねきます。
このため、十分な咬み合せの調整が重要になります。

3. メインテナンス

インプラント治療の成功は長期にわたりその状態を維持することです。
インプラントをできるだけ良い状態で長持ちさせるためには、いくつかの大切な条件があります。

  1. 日常のブラッシング
    適切なブラッシングができず、インプラント周囲に汚れが付着してしまったり、粘膜が傷ついたりするとご自分の歯と同様に感染し、炎症をおこしてインプラントがゆらいだり、抜け落ちてしまうことがあります。
    周囲の歯の炎症によって、インプラントに影響がでることもありますので、適切なブラッシングが重要です。
  2. 習慣
    喫煙、歯ぎしりや噛み締め、くいしばりなど、習慣や癖がインプラントに悪影響を及ぼすことがあります。
    術前に確認されたかたは、事前に治療や指導を行ってコントロールしていきますが、術後にもこのチェックが必要です。
    必要に応じて、ナイトガードを使用することがあります。
  3. かみ合わせ
    人工歯の装着時にも、十分な調整を行いますが、色々な状況で変化する場合がありますので、定期的なチェックと調整が必要です。
    かみ合わせの力は、想像以上に大きく、へんな力がインプラントにかかっていると、骨が吸収したり、上部構造が破損する場合があります。

このようなことを、チェックし、再確認、再指導をしていくために、3ヶ月~6ヶ月に1度のメインテナンスが必要です。

ページトップへ

Copyright(c) Tsukahara Dental Clinic All Rights Reserved